【恋愛と結婚の違い】え!?こんなに違うの!?現実をつきつけられる6つの真実

結婚

恋愛と結婚、違うのはわかるけど具体的にどんなことが違うのでしょうか?今後今の恋人と結婚を考えている場合はぜひとも見て欲しい記事になっています。

スポンサードリンク

恋愛と結婚の違い

「恋愛は刺激」「結婚は安定」

恋愛はお互いに飽きないよう刺激を求める合う関係になります。マンネリという言葉があるようになんとか相手を飽きさせずに付き合っていくかなどの工夫が必要ですが、結婚はそんなこと言ってられません。結婚はお互いに刺激的な日々を過ごすものではなく、安定した気持ちで居心地よく生活していくことです。結婚生活にはマンネリ化などという概念はそもそも存在しないということになります。

「恋愛は幻想」「結婚は現実」

恋人の理想のタイプを語り出すと切りがないように、お互い理想を追っかけて恋愛をしていきます。しかしそれは幻想であることが多く、本当の愛になるのは結婚してからかもしれません。一方結婚は理想を語り合っている場合ではありません。よりお互いが「現実的」に物事を考えられるかにかかっていて、幻想的な夢物語は通用しなくなってくるのです。

「恋愛は他人」「結婚は家族」

恋人同士いえども、所詮他人同士と変わりありません。別れたいと思えばその場で別れることができるし、浮気しても罪にはなりません。しかし結婚した夫婦は全く違います。別れる時も浮気した時もちゃんと法律が関わってきて大変面倒です。そして結婚をすれば当然家族になるわけなので、お互い責任を持って生活していかなければいけないのです。

「恋愛は自由」「結婚は責任」

恋愛している間はお互い好きなことができたり、原則として束縛される権利もする権利もありません。なので恋愛している時はお互い自由の身なのです。しかし結婚は違います。結婚はお互いがした行動にきちんと責任が発生し、責任転嫁などできません。例えば夫に借金ができたとしたら、それは夫だけではなく妻にもその責任は同じように発生するのです。相手の責任は常に自分の責任でもあるのが結婚というものです。

「恋愛は感情」「結婚は生活」

恋愛は一時的な感情や気分で様々なことが左右されることがあります。しかし結婚は感情だけではどうにもならないことも多いのです。結婚はあなたの生活になっていくので、たとえ感情や気分に流されても結婚という枠は超えられず生きていかなければならないのです。

「恋愛は今この瞬間」「結婚は将来」

恋愛は何をしてても楽しいですよね。恋人といる時間、恋人のことを考えている時間、それが楽しくて後先のことなんてどうでもよくなるほど今が大事なのです。しかし結婚は今この瞬間よりも将来を考えながら生きていく必要があります。明日のこと、子供のこと、老後のことまで全て将来に向かって結婚生活は成り立っていくのです。

おすすめ記事>>「結婚するなら『将来性のある男』で決まり!見極める方法

◆ まとめ

恋愛と結婚の違いを知って、ちょっと結婚って重いかも・・・と思いましたか?それとも早く結婚して安定的な気持ちになりたいお思いましたか?考えは人ぞれぞれだと思いますがあなたに合っているのはどちらかを考えればいいと思います。恋愛も結婚もいいところと悪いところがありますね。

スポンサードリンク