女性必見!付き合う前にやってはいけないNG行動12選

デート

気になる男性がいて、もう両想いになれた気がするのに、なかなか告白はされない。そんな女性は少なくないかもしれません。

まだ正式にカップルになっていない段階で、女性が舞い上がりすぎてしまうのはNGです。

たとえ男性の方から告白をされたとしても、正式に付き合うまでにはいくつかのプロセスがあるのです。

 

今回は、付き合う前にやってはいけない行動をご紹介していきます。

スポンサードリンク

付き合う前にやってはいけない行動

1.テンションを上げすぎる

基本的に、男女が正式にお付き合いをする前は、あくまで「異性の友達」であるということを頭に入れておいてください。あくまで理性を保ち、自分の気持ちをコントロールする必要があります。

相手が告白をしてくれた段階であなたのテンションが一気に上がってしまっては、あなたが彼を好きな気持ちが上回り、立場が逆転してしまうこともあるでしょう。

2.しつこく連絡をする

相手のことが好きであれば、たくさん連絡を取りたいと思うのは仕方ありません。しかし、まだ付き合っていない段階であなたの方からたくさん連絡をしてしまうと、相手の男性に好意が伝わりすぎてしまいます。

「この女は俺に惚れている」と男性が強く感じると、恋愛感情が薄れるどころか、その女性をうっとおしく思うことさえあります。男性が女性のことを好きだと確信し、きちんと告白をするまでは、女性からの頻繁な連絡というのは、避けた方が無難です。

3.嫉妬心をむき出しにする

彼に対してやきもちをやくということは、彼のことをそれだけ好きになってしまっているということです。好きなのだから仕方がないという部分もありますが、男性は正式に付き合う前の段階の女性に嫉妬心を見せられると、引いてしまうことがあります。

心の中でそのような気持ちがあっても、露骨に出すのは控えた方がいいかもしれません。

4.彼女ヅラをする

まだ付き合っていないのにも関わらず、彼女ヅラをすると、男性は冷めてしまいやすくなります。

過度にわがままを言ったり、男性にあれこれ指図してしまったりするのは避けるべきです。正式に付き合う前は、あくまで友達であるという意識を忘れないようにしましょう。

上から目線な発言をしたり、彼の言動にあれこれ口出しをしたりして、男性のテンションを下げてしまうのはNG。男性には小さな頼みごとをする程度にとどめておきましょう。

5.相手を試す行為をする

駆け引きをして返信を遅らせてみたり、無視してみたり。また、他の男性の存在をわざとひけらかし、相手にやきもちを妬かせようとするのも避けた方がいいかもしれません。

男性は、女性が駆け引きをしたり、自分を試しているということを感じると、その女性に対してあまりいい感情を抱きません。

6.付き合いたいアピール

彼氏がほしいと言いすぎたりすると、男性は引いてしまうことがあります。

たとえあなたに好意があって、ゆくゆくは告白をしようと思っていたとしても、あなたの方が付き合いたいオーラを出しすぎると、男性側の熱が冷めてしまうことがあります。

男性は、女性が完全に自分のことを好きだと感じたり、焦っていると感じると、その女性を遠ざけてしまうことがあるのです。

7.距離を詰めすぎる

女性の方から連絡をしすぎたり、会いたいと言いすぎたりすると、めんどくさいと思われてしまうことがあります。あまりよそよそしいと恋愛に発展しづらくなってしまいますが、あまりに近すぎすぎても相手は引いてしまいます。

適度な距離感を持って関係を深めていくことが、付き合う前の段階で話は大切になってきます。相手の都合を考え、適度な連絡ペースを保つのがよいでしょう。

8.過去の恋愛の話をする

男性は、基本的に女性の過去に付き合っていた男性に対し、嫉妬心を抱いてしまうものです。

何人もの男性と付き合ってきたことがわかったり、あまり長続きしない恋愛ばかりしていたことがわかると、その女性に対して冷めてしまうことさえあるでしょう。

 

また、過去に付き合った男性の愚痴を言うことも避けましょう。次に付き合うなら浮気しない人、嘘をつかない人がいい、などと話すと、過去にどんなひどいことをされたんだろう?と想像してしまいます。

必要以上に過去の恋愛の話を男性にするのはやめた方がよいでしょう。

9.女性から積極的にアプローチする

最近では草食系男子が増えていると言われていますが、やはり根本では男性は女性を追いたいと思っています。女性から告白をするパターンも増えてきてはいますが、男性から告白をして付き合った方が、大事にされやすいという話もあります。

したがって、こちらから積極的にアプローチしすぎるのではなく、相手からのアプローチを待つようにしましょう。さりげなく好意を相手にアピールするくらいがちょうどよいでしょう。

10.お金の貸し借りをする

男女の間でお金の貸し借りをしてしまうと、正式なカップルとなれる可能性はかなり低くなってしまいます。特に、男性が女性にお金を借りる場合、その女性を「金ヅル」として都合のいい女とみなしてしまう可能性があるためです。

たとえ好きな彼にお願いされたとしても、きちんと断る勇気が必要です。好きな男性の役に立ちたいという気持ちが強くなりすぎて、都合のいい女になってしまわないようにしましょう。

11.自分の家に呼ぶ

付き合う前にやってはいけないことの一つとして、自分の家に招く、ということがあります。まだ付き合っていないのに彼を自宅に招くことで、簡単に男性を家に上げてしまう女性なのではないかと思われてしまいます。

家に招いてくれるということは、そういうことだよね?と体の関係を求めてくる男性もいるでしょう。真面目なお付き合いをしたいのであれば、付き合う前の男性を簡単に家に招いてしまうことは避けましょう。

12.体の関係を持つ

まだ正式にお付き合いをしていなくても、相手の男性が好きであれば、受け入れてしまうという女性もいるかもしれません。しかし、付き合う前の段階で体の関係を持ってしまうと、男性に「軽い女」だと思わせてしまいかねません。

男性の方が女性を好きだったとしても、その女性に対してそれほど価値を感じなくなってしまう可能性もあります。まだ付き合うかどうか明確な意思が固まっていない状態で体の関係を持つと、曖昧な関係のままにしてしまおう、と思う男性もいるのです。

また、いったん女性と体の関係を持つと征服したような感覚になり、男性側の熱が一気に冷めてしまうパターンもあります。付き合う前は体の関係を持たないと決めておくことで、付き合ってからも大切にしてもらえる可能性が高まるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は、付き合う前にやってはいけない行動12選をご紹介しました。

 

いいなと思っていても、まだ付き合おうは思っていない段階では、あまり行動が先走ってしまわないようにしましょう。恋愛の順序を間違えることで、いい恋愛になるものもならなくなってしまいます。

せっかく気になる男性といい感じになれたのなら、両想いになって、きちんとお付き合いしたいですよね。そのためにも、一歩ずつ関係性を深めていくという意識が大切です。

スポンサードリンク