なんか惜しい!付き合う決め手に欠ける女性の特徴

モテない女

男性といい感じになっても、いつも友達止まりで終わってしまう・・・。そんな悩みを持っている女性は少なくないのではないでしょうか。

男性は、女性と付き合うことを決めるとき、なんらかの「決め手」を探しています。

いつも付き合うまでに至らない女性は、その「決め手」に欠けている可能性があります。

 

今回は、男性に付き合いたいと思わせる「決め手」に欠ける女性の特徴をご紹介していきます。

スポンサードリンク

付き合う「決め手」に欠ける女性の特徴

インパクトに欠ける

普通すぎる

いい子なんだけど、顔がものすごくタイプというわけでもなければ、中身がすごくタイプというわけでもない。

どこか1つでもその男性にとって「すごくいい!」と思えるポイントがなければ、男性はその女性とあえて付き合おうとは思いません。

そこそこいい子であっても、普通すぎるために記憶に残らないこともあります。

何を考えているかわからない

愚痴もわがままも一切言わず、一見いい子なんだけれども、何を考えているかわからない。

そういう女性は、男性からするとどのようにして付き合えばいいのかわからない、と思われてしまいます。

嫌われたくないがために自分を出せない女性は、何を考えているのかわからないとみなされ、付き合いづらいと思われてしまうのです。

 

あまりにも自己主張が強すぎても男性から引かれてしまいますが、少しは自分の意見を言ったり、ありのままの姿をさらけ出していくことも大切です。

誘いを断らない

男性は、女性を追いたい生き物です。男性からデートに誘うと絶対に断らない女性は、男性からすると少し物足りなくなってしまうことがあります。

趣味や仕事など夢中になれることがあり、男性が最優先にならないような女性は男性から見ると魅力的に見え、追いたいと思われやすいです。

なんでも相手に合わせてしまう傾向のある女性は、もう少し自分の時間を持ったり、相手の言いなりにならないよう心がけましょう。

自分を持っていない

周りに流されやすかったり、自分の意見がなかなか言えない女性は、「自分がない」と思われかねません。

男性の多くは、何を考えているかわからない女性よりも、言いたいことを言い合える女性の方が付き合っていて楽だと感じます。

 

また、自分という軸をしっかり持っていない女性は、自分に自信がなく、男性に依存してしまいがちです。

男性に依存し、何でもかんでも男性の言いなりの女性は、男性からしても物足りなくなってしまうでしょう。

しっかりと自分の芯を持っている女性は、男性から見ても魅力的なのです。

受け身な姿勢

自分から会いたいと言ってこない

男性からデートに誘うと応じるけれども、自分からはほとんど誘ってこない。それどころか、メールなどの連絡もほとんど男性から。

そんな受け身な姿勢の女性は、はじめは男性側が積極的にアタックしていたとしても、だんだんと男性は疲れてきてしまいます。

相手に遠慮して自分から会いたいと言うのが苦手な女性は、たまには自分から会いたいと誘ってみるのもよいでしょう。

受け身すぎる

どこにデートに行きたいのか、食事はどこに行きたいのかなど、自分の意見をあまり言わない女性は、男性からすると扱いづらいことがあります。

なんでもかんでも男性任せにしてしまうと、男性側も負担になってしまいます。

ある程度自分の意思があり、意見を言ってくれる女性の方が、男性からしても対等に付き合えると感じるのです。

自己主張が強すぎる

自分を持ちすぎている

自分を持っていない女性は、男性からすると物足りないと思われてしまう、と話しましたが、自分を持ちすぎていても男性に引かれてしまいます。

ある程度自信のある女性は魅力的ですが、過度に自慢をしたり、自分アピールの強すぎる女性は、男性にあまりよく思われないでしょう。

男性と張り合おうとしたり、ダメ出しをするのはもってのほか。

 

男性を立て、適度に控えめさを持っている女性と、男性は付き合いたいなと思うものです。

自分の話ばかりする

自分の話は積極的にするけれども、人の話には興味を持たず、すぐに割り込んでくるような女性は、男性から見ても付き合いたくないなと思われやすいです。

お付き合いをするのであれば、お互いがお互いに興味を持ち、話を聞くことが重要になってきます。

女性が一方的に自分のことを話すだけでは、男性は自分のことをわかってくれないと感じるのです。

自立しすぎている

バリバリ仕事をしていたり、金銭的にも精神的にも自立しすぎている女性は、男性に「一人で生きていけそう」と思われてしまいます。

自分に厳しい女性も多いため、男性に対してダメ出しをしてしまったりするのも特徴です。

 

また、仕事が忙しすぎてなかなか男性がデートに誘う隙がなかったりすると、しだいに男性は諦めてしまうかもしれません。

たまには弱っている部分を見せたり、男性を頼ってみることも大切かもしれません。

暗い・ネガティブ

いつも何かしらで悩んでいたり、表情が暗い女性は、男性から見て付き合いたくないと思われてしまいます。

デートをしてもすぐに機嫌が悪くなったり、落ち込んだりする女性は、男性も対応に困ってしまいますし、一緒にいて楽しくないと思ってしまいます。

否定的なことばかり言う

何を言っても、「でも」「だって」と言い訳しようとしたり、「どうせ〜だから」と否定的なことばかり言おうとする女性は、男性は一緒にいて疲れるなと感じます。

一緒にいて楽しいと感じる、前向きで、明るい雰囲気の女性に男性は惹かれるものです。

堅物すぎる

「付き合うなら結婚前提でなくては」などと結婚願望が強すぎる女性は、男性側が構えてしまいます。

男性に対して警戒心が強く、身持ちが固かったり真面目すぎる女性も、男性から付き合いづらいと思われてしまうことがあります。

自分を大切にしたり、真面目でいるのはいいことですが、あまりにも固すぎると男性からも近寄りがたいと思われてしまうでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は、男性が思う付き合う「決め手」に欠ける女性の特徴をご紹介しました。

男性は、付き合う女性の人間性としっかり向き合いたいと思っていますから、ある程度「自分」を出すことが大切になってきます。

 

受け身な「いい人」ではなく、ある程度自己主張ができ、自分の意思や個性をしっかり持つということです。

自分を持ちすぎて自己主張が強くなりすぎても男性は引いてしまうので、自分の意見はしっかりと持ちつつ、男性を立てる姿勢が大切です。

スポンサードリンク