今からでも遅くない!めんどくさい女から卒業する方法

モテない女

最近、彼が冷たくなった。喧嘩になるたび「めんどくさい」と言われる。そんな女性は、実際にめんどくさい女になっている可能性があります。

めんどくさい女性は、自分がめんどくさいと思われていることに気がついていないことも多いので、まずは自分がめんどくさいかもしれないということを認識し、少しずつ直していくことが大切です。

今回は、めんどくさい女から卒業する方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

今からでも間に合う!めんどくさい女から卒業する方法

ネガティブな言葉を使わない

 
めんどくさい女から卒業したいのなら、まずは「でも」「だって」「どうせ」など、否定的な言葉を使うのを控えましょう。

逆に、「いいね」「確かに!」とプラスな表現の言葉を多く使うと印象は大きく変わります。

人は前向きな考え方をする人に引き寄せられていくのです。

相手の考え方を尊重する

自分の考えを押し付けるのではなく、相手の立場に立って物事を考える癖をつけることは大切です。

何が何でも自分が正しい、理解してくれないと拗ねるようでは、めんどくさいと思われても仕方ありません。

まずは相手の立場に立ち、相手の意見をまずは飲み込んでから自分の意見を言うようにしましょう。

男性を自由にさせる

過度な束縛は、多くの男性がめんどくさいと感じます。男性の1日のスケジュールを把握しようとしたり、しょっちゅう連絡を取ることを求めたりすると、男性は逃げ出したくなります。

男性の自由な時間を尊重し、ときには放っておくくらいの気持ちでいた方が、男性も居心地が良いと感じるでしょう。

また、恋人以外にも夢中になれるものを見つけると、恋人と適度な距離感を保ち接することができるでしょう。

気持ちを言葉にする

言葉にせずに気持ちを察してもらおうとする女性は、めんどくさいと思われがちです。男性にとって、女性の気持ちを察することは簡単なことではありません。

何かに腹が立ったのなら、その原因をきちんと話す。男性に直してほしいところがあるのなら、しっかりと伝える。

それをするだけで、彼はあなたのことをより理解できますし、お互いの信頼感も高まるでしょう。
 

感情をコントロールする

男性は基本的に、笑顔が多く気持ちが安定している女性が好きです。

ものすごくテンションが高いと思えば急に落ち込んだりするようでは、男性も接し方に困ってしまいます。

感情の起伏が激しい女性は、まずはそれを自覚し、すぐ表に出すのではなく自分の中で処理することを心がけましょう。

スルースキルを身につける

あまりにも他人の評価を気にし過ぎていちいち受け止めてしまう女性は、めんどくさい女になってしまうことがあります。

周りの意見に左右されやすい人でもあるため、いつもどこか心が安定していません。他人はそこまで他人に興味がない、と思うことで気が楽になるでしょう。

自分の良い所に目を向けることで、前向きなオーラを放てるようになるはずです。

自分の時間を増やす

めんどくさいと思われる女性は、四六時中彼のことで頭がいっぱいだったりします。彼のことをあれこれ考えて悩んでいるのは、それだけ時間があるということです。

めんどくさい女性を脱却するためには、自分の時間を増やすことが大切です。自分のスキルアップのための趣味や習い事をしてもいいでしょう。

気づけば恋人に対する不安も減ってきて、自分の時間を楽しめるあなたを彼も魅力的だと思うでしょう。

恋人に依存しない

めんどくさい女にならないようにするためには、まずは恋人に依存するのをやめることです。ことあるごとにすぐに彼に頼ってしまう、恋愛をすると頭の中が彼のことばかり、という人は要注意です。

恋愛は、お互いが自立してこそ、よい状態を保つことができます。彼がそばにいなくてもきちんと自分の時間を過ごせるという気持ちの余裕を作ることが大切です。

ポジティブな捉え方をする

めんどくさい女性に多いのが、考え方がとにかくネガティブだというところです。ちょっとしたことで不安になるので、根拠もなく恋人を疑ったり、過度に束縛したりします。

いちいちネガティブに捉えて相手にそれをぶつけていては、相手が逃げ出したくなるのも仕方ありません。

恋人に関する不安要素を数えるのではなく、恋人がしてくれた嬉しいことを思い出すようにしましょう。一見難しそうに思えるかもしれませんが、少し捉え方を変えるだけで、人は前向きになることができます。

まとめ

いかがでしたか。今回は、めんどくさい女から卒業する方法をご紹介しました。

めんどくさいと思われる女性は、自分のことをめんどくさいと自覚していないことが多いです。

自分のどのような行動や考え方がめんどくさいと思わせているのか、自分を客観的に見ることで、少しずつ自分を変えていけるでしょう。

スポンサードリンク