【彼氏と一緒にいることに疲れた】と思った6つの瞬間!こうして恋は終わりを告げる

彼氏

大好きな彼氏だったのに、なんかもうこの恋終わらせてもいいかも?と思うようになることがあると思います。それは付き合っている時の疲れや頑張っても報われないと思った時に「もういいかも」と思うようです。
そんなことを彼氏に思ってしまう瞬間をまとめてみました。

スポンサードリンク

「今の彼氏もういいかも」と思ってしまう瞬間

自分を偽ることに疲れた

彼氏に嫌われないようにと本当の自分よりもいい自分を演じていたとしたら、一緒にいてすごく疲れますよね。多少の緊張感は必要だとしても、過剰に自分を偽っていたとしたらかなり疲れます。

相手に合わせるのに疲れた

相手の機嫌を伺ったり、相手が怒らないように、気にさわらないようになどをずっと考えているといずれは疲れてくるものです。自然体の自分だと受け入れてくれないだろうという勝手な強い思い込みによるものも多いです。

喧嘩が続いて疲れた

たまにの喧嘩ならお互いが理解し合えるチャンスになりますが、一度や二度ではなくズルズルと喧嘩が続くと、「わかりあえない」という諦めも入ってくるし、何より精神的な疲労が過多になります。

彼の女関係に疲れた

浮気まではしていないにしろ、彼の女関係が気になって気になってすぐ嫉妬をしてしまい、その嫉妬をすることに疲れ果てたというケースは非常に多いです。嫉妬は少しなら刺激になりますが、やりすぎると相手が離れていってしまいます。

会えなすぎて疲れた

好きな人に会えないというのは、辛い時間が多くなるので「彼と一緒にいる=辛い」になってきてしまいがちです。付き合っているのに会えないとなるとだんだん気持ちも冷めてきてしまいます。

おすすめ記事>>「放置プレイ期間が長すぎ・・・彼氏に会えないなら別れるべきか?

恋愛によって生活に支障が出て来た時

夜遅くまでデートをしてしまい寝不足で会社に遅刻してしまう、喧嘩をして仕事や勉強に集中できないなど、恋愛をすることで自分の生活に支障をきたしてきたと感じた場合はもう「恋愛やめたい」と思ってしまうことがあります。

◆ まとめ

カップルは、多少自分を抑えながら付き合うものですが、それが負担になっていくと別れた方がいいかも?という決断になってきてしまいます。本当に心が疲弊していたら、別れを考えるのもいいかもしれませんが自分ばかりが被害者のようになるものよくないですよ。

スポンサードリンク