喧嘩中、彼氏が放つ「イラっと」する一言6パターン

彼氏

男女では考え方も違うから時々喧嘩になるのは当たり前ですよね。彼氏と喧嘩中で険悪なムードな時、「おまえなんでそういうこと言えるの?」「なんでもっと優しくなれないの?」と彼女をイライラさせてしまう彼氏の一言をまとめてみました。

スポンサードリンク

喧嘩中、彼氏が放つイラっとくる一言

「なんでそんなことで怒るの?」

「そんなこと」で悪かったな!と思うのがこの一言。こっちにとっては重要なことなのにそんな軽々しく言われるとイライラしてきます。

「俺が悪いわけ?」

逆ギレしてくるパターンです。「おまえが悪いのになんで切れるんだよ!」と言いたくなるほどむかつくこの一言。逆ギレしてくる彼氏は見苦しいだけです。

「もう帰ろう」

話はまだ終わってないんですけど?!と言いたくなるこの一言。男は面倒くさがりで現実逃避癖があるので喧嘩をするとすぐに切り上げようとしてきます。お互い頭を冷やしてからまた話合おうとしているみたいですが、彼女にとっては「逃げ」だと思われてしまいます。

「すぐ泣くよね」

喧嘩中、彼女側が涙することもありますよね。そういう時は慰めて欲しいのに、泣いてることをまるで悪者のように扱ってくる彼氏にイライラが止まりません。悲しくて泣いてたのに、だんだん悔し涙に変わってきます。

「黙るのって反則じゃない?」

喧嘩中黙ってしまうことが多い女性に対して、彼氏が「なんで黙ってんの?」とか「なんか言ってよ」とか言うのは一番腹が立ちます。女性が黙っている時は、「私が何で怒っているのか考えろ!」と言っているのと同じことです。それを突いてはいけません。

「なんか食べにいこう」

もう喧嘩なんてしてないで、気分を変えるために何か食べにいこうと言ってくる彼氏もいます。しかし女性にとっては、この喧嘩はあなたにとってどうでもいいことなのか!と思われてしまうので話を中断するようなことはしないようにしましょう。

◆ まとめ

喧嘩中の女性は大変取り扱いが難しいですが、逆ギレ発言、喧嘩中断発言だけは避けるようにしましょう。喧嘩している時はなるべく彼女の話を聞いてあげたり、親身になってお互いのことを考えることが重要です。

スポンサードリンク