体から始まる恋はアリ?体の関係から付き合う方法

恋愛

気になる男性とデートをして、仲が深まり、どちらかが告白をして交際がスタートし、体の関係を持つ。それが一般的な恋愛の形で、体の関係から始まる恋愛にはあまりいいイメージがないという人は多いかもしれません。

好きな相手だからこそ、付き合う前に体を許してしまったら交際に発展するのは難しいのかと不安に思う女性も多いでしょう。

しかし、付き合った男性のほとんどが体の関係から始まった恋愛である、という人もいます。性格が合うかどうかなども大切ですが、長く交際を続けていくにあたっては、体の相性もとても大切になってきます。

今回は、体の関係から始まって付き合う方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

体の関係から付き合う方法

気持ちを盛り上げ過ぎない

相手に気持ちを押し付けるのではなく、適度な距離を保ちながら相手の出方を伺うのがよいでしょう。

適度な距離感を保ちながら、よい関係を続けていくことで、徐々にその男性にとって大切な存在となっていく可能性が高くなります。

好きな男性に対してアピールすることは時には大切ですが、あまりにも強く出てしまうとがっついてるように思われてしまいます。

深刻に考えすぎない

女性は男性に比べて、体の関係を持つことと正式に付き合うことに対して深刻に考えていることが多いです。

だからこそ、曖昧な関係を嫌がり、きちんと付き合ってくれるのかなどとあれこれ考えすぎてしまうのです。

あまりにきちんと付き合うことにこだわりすぎて、相手に確認をしたりすると、相手の男性がうんざりしてしまう場合もあります。

男性は女性に比べて体の関係を持つことをそれほど重要だと持っていないこともあります。

また、体の関係を持たないことには始まらない、体の関係を持つというとはその女性に対して少なからず好意がある場合が多いです。

したがって、あまりにも深刻に考えすぎて彼に好意を伝えすぎたりするのはやめたほうがよいでしょう。

ほどよい距離感を保つ

一度体の関係を持つと、男性は相手の女性を手に入れたような感覚になり、安心してしまうことがあります。

一度体を許してくれたのだから、正式に付き合わなくても大丈夫だと曖昧な関係を続けようとする場合もあります。

しかし、ここで彼に好意をむき出しにして追いかけるのではなく、彼をほどよく焦らし、あなたの魅力を知ってもらうことが大切です。

男性は、身体の関係を持つと恋愛感情が落ち着く傾向があるのに対し、女性は身体の関係を持つと相手の男性に対して執着が生まれると言われています。

男性と女性が真逆の反応を示すことから、身体の関係を持ったあとは、女性が男性に対して重くなり、男性が逃げ腰になるパターンが多いのです。

しかし、付き合っても面倒ではなさそうな女性だと男性に感じさせられれば、付き合いたいと思われる可能性は高まります。

彼を束縛せず、追いかけすぎない女性が、彼から告白されやすくなります。

ほどよい距離感を保てる女性であるということが大切なのです。

彼に依存しない

男性との交際中は、お互い忙しいこともあり、頻繁に会うことが難しいでしょう。その時にじっと連絡が来ることだけを待っているのではなく、自分磨きとして習いごとや運動などをして、暇な時間を有効利用しましょう。

男性は、頼られると嬉しいと感じる人が多いですが、あまりにも頼りすぎると依存されているような感覚になります。

男性は、依存心を抱かれると追われているような感覚になり、逃げ出したくなります。

男性は、追われるよりも追いかけたい生き物ですから、あまりにも寄りかかられると、気持ちが冷めてしまうことがあるのです。

男性を心の拠り所にするのではなく、自分の世界を持つことが大切です。

都合のいい女にならない

彼が好きだからといって、誘われればいつでも行くというのでは、都合のいい女になってしまう可能性があります。

男性は、思い通りにならない女性を追いかけようとするものです。彼に誘われても断ることがあるくらいがちょうどよいでしょう。

彼に求められたからといって毎回体を許してしまうのではなく、あくまであなたに決定権があるということを感じさせましょう。

男性に上手に追わせることで、相手の男性も徐々にあなたからの愛情を求めるようになります。

彼女ヅラをしない

体の関係を持ったからと言って、それだけではまだ付き合っているとは言えません。

それにも関わらず、彼女かのように振る舞うのはやめましょう。

女性は体の関係を持つと相手の男性に対して情がわいてしまうことが多いですが、男性は心を開くまでに時間がかかることを理解しましょう。

彼女でもないのに相手を束縛したり、ヤキモチを焼くのもよくありません。

体の関係を持ったあとも、今まで通りに接することを心がけましょう。

昼間にデートする

体の関係の関係から始まる恋愛は、どうしても夜に会うことが多くなりがちです。

夜に会って、体の関係を持つ、という流ればかりになってしまうと、曖昧な関係のままなかなか発展しづらいかもしれません。

あえて昼間の時間帯にデートをすることで、恋人同士のような関係性を意識することができるでしょう。

その際には、いつもとは雰囲気を変えたファッションを取り入れるなど、関係性にメリハリをつける工夫をしてみましょう。

他の男性とも会う

彼に告白をまだされていないのであれば、他の男性とデートをしたり、出かけるのもよいでしょう。

彼だけに一直線になってしまうと、彼が調子に乗ってしまったら、重く感じられることもあります。

あなたが他の男性と仲良くすることに対し、彼が嫉妬心を見せてきたらチャンスです。

あなたは彼氏ではないのだから、嫉妬する権利はないということをさりげなく示すのです。

彼があなたを独占したいという感情になれば、自然と彼の方から告白をしてくる可能性が高いでしょう。

居心地の良さを提供する

一緒にいるときには居心地の良さを提供することです。

彼が疲れていたらねぎらいの言葉をかけたり、彼が悩んでたら優しく相談に乗ってあげましょう。

彼に正式に付き合うことをせがんだり、不満を抱かせるようなことは避けましょう。

あなたと一緒にいると落ち着く、安らげる、という感覚を彼に与えるのです。

まとめ

いかがでしたか。今回は、体の関係から付き合う方法についてご紹介しました。

順番が逆になることに対して不安に思う女性も多いと思いますが、あまりにも順番にとらわれていては、恋愛そのものを楽しめないでしょう。

たとえ結婚前提のお付き合いをしたいと思って付き合っても、体の相性がまるで合わなければ別れてしまうということもあるのです。

逆に言うと、体が手に入ったにも関わらずデートをしたいと思う女性は、本当に気になっている女性だとも言えます。
 
体の関係から始まったけれど、これからも一緒にいたい、と思われるような女性になることが大切です。

スポンサードリンク