彼女の両親への挨拶で「素敵な彼氏ね」と思われる好印象を残す方法

彼氏

彼女の両親との挨拶は緊張しますが、挨拶時の基本マナーを抑えて余裕があれば、今回紹介する彼女の両親に好印象を残す方法も実践してみてください。

スポンサードリンク

彼女の両親に好印象を残す方法

食事を出されたら大げさに美味しいと言う

もしお家に訪問する場合には彼女のお母さんが手料理を振舞ってくれる可能性があります。その際は無言でいただくのではなく「おいしい!」「お店に来ているみたいです!」と大げさなリアクションで美味しさを表現しましょう。お母さんも作った甲斐があったと喜んでくれます。

彼女から両親の事前情報を仕入れておく

ご両親にとってNGな話題、喜ぶ話題があるかと思います。会った時にヘマをしないように彼女から色々聞き出しておくのが賢い方法だと思います。両親の好みや性格などを聞いておけばそれに合わせた話題作りや返答などができるようになります。好印象をもたれるには相手が楽しめるような環境を作ってあげることが大切です。

両親の言うことを絶対に否定しない

もし気に触るようなことを言われても、素直に受け止め絶対に否定するような言葉は言わないようにしましょう。「いや、それは違うと思います。」「それはできません。」など否定するような言い方はNGです。自分がちょっと引っかかるようなことを言われても「それはそれ」と受け流しましょう。

ちょっと抜け感も出す

両親の前だからと気を張って、笑顔がなかったり、「はい」しか言わなかったり、話しかけられるのを待っていたりなどの完全受け身の固い印象を与えると「なんかつまらない男性」と思われてしまいます。ちょっと冗談が言えたり、くだけた会話ができる方が柔らかい雰囲気を作り出し、好印象を与えられます。

ギャップを出す

ちょっと場が盛り上がり、和んで来たところでちょっと真剣な男もアピールしてみましょう。「真剣に結婚を考えております。」「○○さんを幸せにする自信があります。」など、ちょっとさっきとは違う面持ちと姿勢でご両親に誠意を見せましょう。ギャップを作ることで”デキる男”として印象を与えることができます。

◆ まとめ

挨拶ってだけで緊張するのに、両親に好印象を残すのはちょっと余裕がないとできなそうですよね。しかしこれをやっておくと彼女の株も上がってみんなから喜ばれることになります。何より大事な娘と一緒にいる男性には安心感を覚えたいのが親心です。

スポンサードリンク