結婚式に着ていくドレスマナー|NGな色、柄、丈などについて

お呼ばれマナー

結婚式のドレスマナーは色々あるので、恥をかく前に知っておきたいですよね。結婚式のお呼ばれドレスのNGなものとOKなものを把握しておきましょう。

スポンサードリンク

結婚式のドレスマナー:色について

避けるべき色


結婚式で1番に避けるべき色は、喪を連想させる「黒」と主役が着る「白」です。しかしどうしても黒や白のドレスを着たい場合には、必ず小物や羽織りものを違う色にすることです。最近では華やかな黒のドレスを着ている人も多いので、あまり地味でなければ結婚式に着ていっても違和感はありません。黒ぽいのを好むのでしたら、ネイビーがおすすめです。しかし、白のドレスは花嫁に失礼になるので避けた方が無難です。

ベージュは白に入るのか?


ベージュなどの白っぽい色も「白」の部類になるので避けたい色です。しかし小物を黒にしたりして全身の印象を抑えることで結婚式に着ていっても大丈夫になります。大事なのは花嫁との差を出すことです。

赤などの派手な色はOKなの?

ダメということは一切ないのですが、もし花嫁さんがお色直しで「赤」を着る!「青」を着る!などを事前にわかる場合にはその色を避けた方がいいでしょう。わからない場合はしょうがないので赤などの派手なカラードレスでいいと思います。結婚式は非常におめでたい場なので、お呼ばれした側も華やかで縁起のいい格好をしていた方が親切です。

結婚式のドレスマナー:柄について

プリント柄は避けましょう

プリント柄はカジュアルな印象が強すぎて、フォーマルな場所には不適合です。アニマル柄やドット柄などは結婚式では避けてください。
とくにアニマル柄は殺生などの残酷なイメージがあるので結婚式では避けるべき柄だと昔から言われています。

結婚式におすすめの上品な柄

総レース

総レースは上品で華やかです。パニエなどが付いていればふわっとオシャレに着こなせます。さらに花柄のレースなどもおすすめです。子供っぽくない大人な印象の色合いのドレスなら総柄でも落ち着いた印象になります。

細かい格子柄

格子柄は細ければすごくお上品な柄です。色味はネイビーや深緑などを選ぶといいでしょう。知的な雰囲気で清楚な印象を与えます。

ダマスク柄

高貴な印象になれるダマスク柄はおめでたい結婚式にとてもマッチしています。控えめな柄なので目立ちにくくおすすめです。

スポンサードリンク

結婚式のドレスマナー:丈や肩出しについて

ミニ丈はNG

最近はそこまで厳しくないですが、明らかに短い丈のドレスは花嫁よりも目立ってしまうし、下品なので控えましょう。結婚式は年配の方や親族の方も多いのでミニ丈ドレスはふさわしくありません。

ロング丈はOKだが

昔はイブニングドレスといわれる夜の正装が流行っていましたが、現代では動きにくかったり裾を引きずってしまうので人気がなくなりました。マナーとしてはロング丈はダメではないのですが、あまり見かけないというのが現状です。ロングを着るにしても裾は引きずらない程度にしましょう。

肩出しNG、必ず羽織りものを

肩出しをするドレスは必ず羽織りものを着るようにしt隠してください。肩出しは露出が多すぎて結婚式のようなフォーマルな場にはふさわしくありません。さらに花嫁さんがたいてい肩出しのドレスを着ているので、花嫁さんよりも目立ってはいけません。

結婚式のドレスマナー:羽織りもの、小物について

ファーはNG

ファーは動物の殺生イメージをもたせるので避けましょう。ボレロやストールが定番なのでドレスに合った羽織りものを選びましょう。

ベルトに注意

ドレスのアクセントやお腹周りをキュッと引き締めたい場合にはベルトが必要になると思いますが、避けるべき素材は「皮」です。こちらも動物で殺生イメージを持たせますのでNGです。さらにゴムの部分が見えるものや金属製のものはカジュアルすぎるので避けましょう。ベルト自体をつけることがマナー違反という人もいますが、リボンやレース、パールがついたものなら華やかでアクセントにもなるので全く問題ありません。気になる人はウエストがある程度絞られているタイプのドレスを選ぶと良いでしょう。

◆ 最後に

さらに最もNGなドレスは、これから出勤ですか?みたいな派手で露出度の高いお水っぽい格好です。周りにも失礼ですし、恥をかくので絶対やめましょう。あくまで主役は花嫁なので、それよりも目立つのはダメですね。

スポンサードリンク