カップルがディズニーデートでテンションが下がる原因と対策

喧嘩

楽しいディズニーデート!のはずが、足は痛いわ眠くなるわで案外体力のいる1日になりますよね。

しかしディズニーデートでテンションが下がったり喧嘩をするのは原因があります。しかもそれを回避する対策もあるのでぜひデートの際には試してみてください。

スポンサードリンク

ディズニーでテンションが下がる原因

足が痛すぎる

1日中歩き回って足が痛くなるのはディズニーには付き物ですよね。足が痛くなると並んでいる時立っているのも辛いし、アトラクションからアトラクションまでの移動も億劫です。

帰りの電車が座れない

疲労感MAXな上に電車では座れない・・楽しかったのにすべては電車でかき消されます。車で来ない限りあの混み合った舞浜駅を使わなきゃいけないので非常に厄介ですよね。

会話が途切れる

並んでる時はもちろん、レストランで食事をしてる時すら会話が途切れる・・これはお互い疲れているのでしょうがないですよね。しかし何も話さない相手にイライラしてくるなんてことも。

相手の疲れた表情を見る

疲れたのはわかるけど、明らかにつまらなそうな表情をされるとせっかくのデートが台無しに。こっちまでつまらなくなってくる。

昼過ぎあたりにくる突如の眠気

もちろん午前中は元気でいられるけど昼ご飯を食べたあとくらいから突然眠くなってくることがあります。だんだんディズニーの楽しい音楽も安眠の音へと変わっていき移動するのが面倒になってきます。

お土産売り場の混雑が尋常じゃない

お土産は荷物になるから帰りに買いますよね。みんな同じことを考えるのでだいたいお土産売り場が混むのはラストです。その時は身動きが取れないほど混むのでうっかりしていると離れ離れになっていしまいます。自由に行動したいけどはぐれた相手を探すのに、これもまた疲れてしまいます。

寒すぎor暑すぎor雨

夏の猛暑や冬の酷寒は、ディズニーデートでは耐え難いです。さらに雨なんて降っていたら最悪。楽しいものも楽しくなくなってしまいます。

疲れることなくディズニーデートを成功させる対策

身軽でストレスフリーな服装で行くこと

ディズニーはなぜか気合が入っておしゃれな格好で行きたくなるけど、昼過ぎあたりからそれは結構どうでもよくなるものです。それよりも動きやすさや疲れにくい靴などを履いて行くことを優先しましょう。

暑い時は短パンにtシャツ、寒い時は異常に着込むなどしてなるべくストレスを感じにくい格好で行った方がより楽しいデートになりますよ。

開園から閉園までいるのはNG

ガキじゃあるまいし、朝から夜まで1日のデートは結構体力的にきついです。疲れないでディズニーデートをしたいならスターライトパスポート(15時から閉園)がおすすめ!6時からのアフターシックスもいいけど、それだと少し物足りないですよね。

15時からならあっという間に終わっちゃうし、すぐ夜になってテンションが上がります。お互い疲れずに帰れるのでディズニーデートが成功しやすいです。

行く時期を見計らう

真夏や真冬はどうしても避けたい時期です。なのでディズニーに行くおすすめ時期は6月です。ゴールデンウィークも終わって1年の中で一番空いているし、暑くもなく寒くもない!しかし6月はちょうど梅雨の時期でもあるので雨の日は避けるようにして晴れた日に行くようにしましょう。

お土産は空いてる時に買う

お土産は帰りに買うのが一般的ですがあの混雑を避けたいなら日中などに行くべきです。お土産は持っていると荷物になるのでロッカーを賢く使いましょう。ディズニーの入り口付近に設置されているロッカーに荷物を預ければ荷物のことは気にせずOKです!

並んでる時の暇つぶし小技

  1. ちょっとしたお菓子を持って行きそれを食べながら並ぶ
  2. 暇つぶしアプリで遊ぶ(この手のアプリはいっぱいある)
  3. 市販のディズニーガイドブックを二人で読む
  4. SNS用の写真を加工、投稿する
スポンサードリンク

◆ まとめ

ディズニーデートで疲れず楽しく過ごすポイントは、ストレスフリーなファッションと行く時期、時間の3つです。

ディズニーデートをより楽しく過ごすために意識してみてください。

スポンサードリンク