赤ちゃんみたいに【甘えん坊な彼氏の特徴9つ】と甘えてくる心理

彼氏

男のくせに「甘えん坊」な彼をなぜか可愛く思えてしまう。ちょっと甘えられると母性本能をくすぐられ「しょうがないな〜♡」とつい甘やかしてしまう・・そんな甘えん坊彼氏の特徴を見て行こう!

スポンサードリンク

甘えん坊彼氏の特徴9つ

① まだ帰りたくないとだだをこねる


デートの帰り際、もう遅いから帰ろうと言うと、「まだ一緒にいたい」「まだ帰りたくない」とだだをこねます。まるで子供のようにわがままになり、帰ると言うと拗ねるのです。

② 彼女に叱ってほしいと思っている


怒られるのは好きじゃないけど、自分が悪いことをしたらちゃんと叱ってほしいと思っています。ダメな自分にちゃんとこうしろああしろを言われたい、結構なドMです。

③ 彼女の胸に顔をうずめるのが好き


男なら自分が彼女を包み込むはずなのに、自分が彼女に包み込まれたいと思っています。できれば彼女の胸にずっと顔をうずめていたくて仕方ありません。

④ 時々赤ちゃん言葉になる


時々「〜にゃん」「〜でちゅ」などの赤ちゃんぽい言い回しになることがあります。外では絶対そんな口調にはならないのに、大好きな彼女の前では甘えたい一心で恥ずかしい言葉遣いをしてきます。

⑤ 人前でもいちゃいちゃしてくる


人目を気にせず、キスしてきたり抱きついてきたりするのも特徴です。自分の世界に入り込んでいるので道端でもどこでも人目は気になりません。

⑥ 「あ〜ん」と食べさせてもらおうとする


食べる?と聞くとすぐに口だけを開いたり、絶対口まで持ってきてもらおうとします。食べさせてくれるまでずっと待っています。

スポンサードリンク

⑦ 外では仕事をバリバリこなす


甘えん坊な彼氏ほど仕事ができたり、外では男らしい頼りになる人という傾向があります。
普段は人から頼られているので彼女の前だけは解放されて自分が甘えん坊になるという男性は結構多いですよ。

⑧ 許せる範囲のわがままを言ってくる


もっと一緒にいたいとか、今日はどうしても会いたいとか、可愛いわがままを言ってきます。彼女に負担をかけないようにわざと負担にならないわがままを選んで言っているのも可愛いところです。

⑨ 彼は一人暮らしをしている


甘えん坊な彼氏は寂しがり屋な場合がほとんどです。そして一人暮らしをしているとその寂しさが増してより甘えん坊になることがあります。そういう彼のことは会ったら暖かく包み込んであげてください。

甘えん坊彼氏の心理5つ

① 本当は寂しがり

基本的には寂しがりやなので、甘えやすい性格です。しかしそういう寂しい感情は表に出せないので彼女のような一番近い存在の人だけに見せることが考えられます。

② 頑張り屋さんで疲れている

人に期待されたり、人より頑張ってしまうような性格の彼氏はちょっと疲れやすい部分もあります。
そういう頑張り屋さんの彼氏は外では頑張っているので彼女の前だけは甘えたいと思っているのです

③ 彼女のことが好きすぎる

彼女のことが好きすぎてしまうとどうしても甘えてしまいます。自分をさらけ出すことができる存在なのでつい甘えてしまいます。

④ 愛されているのかを確認したい

幼少期、あまり親の愛情を感じることができなかった男性は人からの愛欲しさに甘えてしまうことがあります。甘えることで相手の反応を伺い、自分が愛されていることを確認しようとすることがあります。

⑤ 素直

甘えん坊になれるということは素直な性格ということです。変にカッコつけたがりな人は素直に甘えることができないので甘えん坊にはなれません。

◆ まとめ

甘えん坊彼氏は年下、年上一切関係ありません。
たまに甘えてくるのは少なくともあなたのことを信頼しているからです。
男は誰でも甘えん坊な性質があるのでちょっとのことは可愛いなぁと思ってあげましょう。
その代わりいざとなったら男らしくいてもらいましょう!

スポンサードリンク