愛人にしたい女性のタイプとは?意外とハードル高いことが判明!

女のための「モテる方法」

愛人にしたい女No,1で有名な橋本マナミさんのように、愛人にしたいタイプって付き合いたい女性とはまた一味違うんです。愛人はリスクを共にする第二のパートナーなので男性側も愛人選びには結構ハードルが高いようです!

スポンサードリンク

愛人にしたい女性のタイプ

絶対秘密が守れる

愛人は2人だけの秘密を共有する仲です。なのでペチャクチャ周りに喋る女は断固としてNGなのです。秘密は誰にも絶対にばらさない、約束は守れる!が愛人に対する1番の条件のようです。

1番になろうとしない

愛人になる以上、相手の家庭や奥さんなどと張り合わずにとことん2番手の位置をキープできるかというのは非常にポイントになってきます。いつか私を選んでくれる精神の女性はなかなか愛人にはなりにくいです。

上品で美人、スタイル良し

結婚相手には望めないことを愛人に望むのが常です。容姿淡麗でなきゃいけない理由は非日常を過ごすことが目的の一つだから。自分の本命や奥さんよりもブスということはあまりないそうです。そして愛人といる間はずっと相手に夢中になれるように女性らしい品を漂わせることも重要です。

柔軟性があり尽くすタイプ

愛人関係にある以上、急な誘いや急なお別れも付き物です。相手が家庭持ちの場合は、ひそひそ会わなきゃいけなくなるので相手に合わせた柔軟性のある行動ができて、男性を安心させてくれる尽くすタイプでなければいけません。

折れない心と縛られない心を持っている

愛人関係は時に世間からマイナスな言葉を浴びせられることがあります。しかしそんな周りからの言葉を真に受けていては愛人は務まりません。マイナスなイメージを持たれていても、自分がいいと思っているからと割り切れる強い女性でなければいけません。そして自由な考えや自由に自分の時間を使える縛られない精神力の持ち主が愛人として選ばれるのです。

◆ まとめ

愛人は意外と大変なポジションで、そんじゃそこらの女性ではその大役は務まりません。外見、内面ともに美しくたくましくある必要があるのでなかなかの努力が要されることになります。

スポンサードリンク