年下の彼氏との上手な付き合い方6つ!特別なことは必要なし?

彼氏

ちょっと自分が引っ張っていかなきゃいけないのかな?と思ってしまう年下彼氏との付き合い。実際あまり年齢が変わらないとしても、男性は精神年齢が低いのでものすごく年の差を感じてしまうことがあるかもしれません。

スポンサードリンク

年下彼氏との付き合い方

年下でもちゃんとプライドがあることを忘れない

いくら年下だからと言って、あなたがしゃしゃりすぎてはいけません。年下以前に男であることをちゃんと認識して、男を立てるように努めましょう。尊敬したり、頼りにしたり、それは普通の男性に対する接し方と変わりません。

おばさん感を出してはいけない

年上男性からすると「大人っぽい」になることも、年下からすると「おばさんぽい」になってしまうことも多いのです。おばさんにならないように、彼を引っ張りすぎたり、母親のように叱ったりするのはやめましょう。

他の男性と比較した言い回しをしない

あの人はこの年ですごい地位についた、友達の彼はこんなところがすごいなど、彼を遠回しにけなすような言い方をやめましょう。さすがに年上の男性と同じフィールドでものを言われたら彼だってカチンときます。

年の差が感じない!をアピールする

実は彼にとっても「年の差」は気になるものです。もし自分よりも大人な男性に彼女がなびいてしまったらどうしようなどの不安は多少なりともあるものです。なので最初は年の差が全然感じない!とアピールをしておきましょう。年のことばかりではなく、人間性の話をメインにしていくとお互い良好な関係を気づけると思います。

束縛しない寛容な女であることを

年下彼氏は束縛が大嫌いです。年上彼氏なら「可愛いな」と思ってくれる可能性がありますが、年下彼氏にはその余裕は一ミリもありません。束縛をされるとどんどん逃げたくなるのです。

飴と鞭を使い分ける

年下だからって甘えさせてばかりいると、彼氏がどんどんだらしなくなっていくのでやりすぎは禁物です。しかし鞭ばかりでも彼氏は息苦しくなってしまうのであくまで飴と鞭を使い分けることが大事です。

◆ まとめ

年下彼氏と付き合う時でも、まずは「男性」であることを前提に付き合っていくことが重要です。年下だからといって特別な何かが必要なのではないのです。しかし年下だと、あなたとの思考ギャップが生じやすいので気をつけてください。

スポンサードリンク