潮干狩りに「必要な道具」と「あったら便利な道具」一覧!100均でも揃う!

アウトドア

アサリを中心に高級貝ハマグリなども狙える潮干狩りは、道具を揃えると更に大きな収穫も期待できます!今回は潮干狩りに必要な基本的な道具〜持っていったらさらに便利な道具まで紹介いたします。

スポンサードリンク

《必須編》潮干狩りに持っていく道具一覧

【熊手】潮干狩り三種の神器!これがなければ始まらない

 

潮干狩りをするにあたって最も必要な道具が熊手です。世の中に数ある熊手の中でも5本爪の物が貝獲りには最適。砂地や泥状の土から成長した貝のみを効率良く収穫できますよ。サイズも様々あり、ミニサイズの熊手は女性や子供でも使いこなしやすい大きさです。熊手は大人も子供も一人一本持って出かけましょう。100均では園芸コーナーなどで入手可能。

【バケツ】熊手とセットの必需品!貝洗いにも使用できる

 

掃除や園芸用、子供の水や砂遊び用としてほとんどのご家庭にあるバケツ。潮干狩りではそのバケツも必須アイテムとして重要です。獲った貝を一時保管したり、収穫後の貝を水洗いする時に使用。大容量のバケツも重宝しますが、使用後は折りたたみできるものも車に積み込みやすくて便利ですよ。もちろん100均でも購入ができますよ。

【手袋】軍手&ゴム手袋で手の安全対策を!

 

怪我をしては潮干狩りの楽しさも半減!手先を危険から守るためにも手袋は必須です。作業用の軍手は単価もお値打ちで潮干狩りにも最適ですが、さらに安全を高める場合には、薄手のゴム手袋の上に軍手をすることで安全度もアップ。手先を感触を残しつつ、手を傷めないよう手袋をしっかりはめて潮干狩りを楽しみましょう。

【長靴】完全防水で足元への備えは万全!

 

潮干狩りを快適に行うアイテムの一つが長靴です。海水が足元に侵入したり泥汚れを防ぐとともに、海中に潜む様々な危険から身を守る効果も期待できますよ。特に子供連れで潮干狩りに出かける際には長靴があると大変便利です。完全防水タイプであれば長時間の潮干狩りでも靴下さえ濡れていないことも!オシャレな長靴も多いので普段使いにも活用できますよ。海に入る場合は長めのものがおすすめです。

【マリンシューズ】長靴が苦手な方はこちらを!

 

長靴ではどうも動きにくい人や、中途半端な長さの長靴しか持っていない人にはマリンシューズをおすすめします。名前の通り海のレジャーに活用できるシューズで、水捌けがよくとても軽いのが特徴的。岩場などに潜む足元への危険から守る役目も果たしてくれますよ。キッズ向けも充実しているので家族全員オシャレに足元を決めてみてはいかがですか。

【バンドエイド】剥がれにくい水仕事用をひと箱用意!

 

潮干狩りでは、注意していても切り傷や擦り傷は起こりうるもの。ましてや海中となれば尚更で、もしもの備えとしてバンドエイドは必須のアイテムです。その際には、水分を含んでも剥がれにくい完全防水仕様のものが最適。ひと箱完備しておくだけで、ちょっとした傷にも対応でき安心感も増します。行楽用のカバンの片隅にでも忍ばせておくと便利ですよ。

【サーフハット】日差しから首元を守り体力温存!

 

春といえども日差しが眩しい海岸での潮干狩り。下を向きながらの時間も多く、首元から体力を消耗することも多々あります。そんな時は、首をすっぽりガードしてくれるサーフハットがあれば、強い日差しで消耗しがちな体力を守ることが可能ですよ。また海岸は時折強い風が吹き付けるので、帽子が飛ばされないよう顎ベルト付きを選びましょう。

【タオル】濡れた体を拭くために持参しよう!

 

言わずもがな水に濡れた手足や体を拭くにはタオルが必要!潮干狩り最中でも海水は頻繁に拭き取っておきたいですよね。タオルは最低一人一枚は持参しておきたいところです。複数あれば、潮干狩り最中と潮干狩り後のコインシャワーやお風呂など使い分けも可能。水辺のレジャーでは当たり前ですが、忘れがちなタオルは必需品として最初に用意しておきましょう。ハンドタオルは100均でも購入可能ですよ。

《あったら便利編》潮干狩りに持っていく道具一覧

【ウェーダー】水深あっても気にせず楽々!

 

釣りや農作業などでよく見かけるウェーダーは潮干狩りにも活用可能です。ジョレンを使って貝を取る場合は、水深のあるところへ入るため必要となりますが、完全防水で水の侵入を防ぐ優れもの。ウェーダーは普段履いているズボンの上から履ける点も便利で、ウェアを着替える必要もないですよ。潮干狩りにあれば便利な代表格としておすすめアイテムです。

【スマホ防水ケース】海中に落としても安心な便利アイテム

 

水中にスマホを落とした時のショックは計り知れないもの。それを防いでくれるアイテムが防水ケースです。完全防水タイプであれば海の中での操作も可能で、潮干狩りの記念撮影も容易に行えますよ。海に浸からない場所ならジップロックなどでスマホを守るのも良いですが、より安全にいくなら防水ケースは持っていて損はないアイテムですね。

【クーラーボックス】飲み物収納可能!あったら便利の優れもの

 

アウトドアレジャーで良く見かけるクーラーボックス。潮干狩りでもあれば便利の役立ちアイテムです。保冷剤を入れれば即席冷蔵庫に早変わり!ドリンク類をしっかり保冷してくれますよ。特にグループやファミリーで潮干狩りに行く際は重宝し、物によっては腰掛け代わりに利用が可能。ハンドルとキャスター付きなら女性でも楽々移動できますよ。

【レジャーシート】

 

潮干狩りは家族やグループで楽しむレジャーのひとつ。お弁当作ってゆっくり楽しむのもいいですよね。そんな時レジャーシートひとつあれば、砂浜でも気にすることなく腰を下ろせます。貝取りで疲れた体を休めるにも最適で、春の日差しの中でうたた寝気分も満喫!一家に一枚あれば便利なアイテムとしておすすめです。

【潮見表】タイドグラフ機能付き時計が便利

 

サーフィンを楽しむ人たちの必須アイテムが潮見表が付いた時計。タイドグラフ機能と呼ばれ潮の満ち引き時間がわかる時計は、潮干狩りでも活用ができます。大潮の引き潮を狙うと成果が上がるため、潮見表を見て潮干狩りの計画を立ててみるのもいいですよ。普段は時計としても使えるので、あれば便利なアイテム!潮干狩りは潮を見極めましょう。

【貝取り袋】網状なので海に入ることも可能

 

潮干狩りの際に少し水深があるところで貝を探そうと思ったことはありませんか?そんな時は海の中にも置いておくことができる貝取り袋が便利!網状になっているため持ち運びも楽で、ひもで口を閉じておけるので収穫した貝が逃げることもありません。干潮時でも水深のあるポイントで潮干狩りする場合には必須道具の一つです。

【日焼け止め】年齢性別問わず紫外線対策

 

晴れた日の海岸線、春といえども紫外線には十分気をつけたいところ。潮干狩りでは露出面積は少ないですが、顔回りにはしっかり太陽の日差しが差し込みます。そんな時は日焼け止めが一本あると便利。男女問わず紫外線から肌を守っておきたいですね。海の水があたる場面での使用は、ウォータープルーフタイプがおすすめで、ケアを完璧にして潮干狩りを楽しみましょう。

まとめ

春の味覚として抜群の味を誇るアサリ。自分で獲ったアサリを味わうのも潮干狩りならではの醍醐味ですね。素手で貝を見つけることも可能ですが、やはり道具は必要なもの。安全に、そして多くの漁獲を上げるには道具に注目してみるのはいかがですか。道具充実で楽しい潮干狩りを、家族や仲間と楽しみましょう!

スポンサードリンク