付き合っているカップルの【どこからが浮気?】議論に厳しく境界線を引いてみた

恋愛

昨年、ゲス不倫という言葉が産まれ、マスコミの影響で不倫=悪というイメージが世間に広まっています。不倫は法律違反なので悪で間違いないのですが、浮気も結婚さえしていなければ、法で裁かれることはありません。
独身者達がどこからが浮気?そんな議論を飲み会ではじめた日には、全員がヒートアップして結論が出ません。そんな時の話のネタにでもなってくれればいいなと思い、浮気の境界線を考えてみました。

異性を目で追う


嫉妬深い人は魅力的な異性を目で追っただけでカンカンになるでしょう。しかし男性の場合は無意識に綺麗な人を目で追ってしまう性質があるので制御するのは非常に難しいでしょう。そして、女性もなんだかんだブラウン管の中のイケメン俳優を見るのですから・・このくらいで浮気だのなんだの騒ぐのはおかしいですよね。これはもうセーフで良いのではないでしょうか?あからさまに他の異性を見るという行為さえなければ、二人きりの時は相手のことを見つめ、楽しい時間を過ごせば良いのです。

LINE交換

ここからが、LINEだけに難しいラインになってきます。どういう理由でLINEを交換するのかが重要です。異性の友達を増やしたいからという安易な理由はアウトです。職場の同僚と飲みの場で交換するは、今後の仕事の信頼関係もありますしアウトとは言えませんが安全とも言えませんのでグレーゾーンです。全体的にLINE交換は浮気を疑われる可能性が高くなってきます。

手を繋ぐ


これはほぼアウトでしょう。下心があるに決まっています。ただし例外もあります。相手が酔っていておぼついて歩けない状態で、下心ゼロで介抱として手を繋ぐ親切心ならな場合もあるからです。しかしそのようなイレギュラーなシチュエーションは滅多にないでしょうから、ほとんどがアウトだと捉えるできでしょう。

キス

これはどう考えても浮気なのでは?下心がないと言っても説得力がありません。職業が俳優や女優でない限り許されることではありません。職場の飲み会でお偉いさんたちと飲まなければならない場で、緊張のあまり悪酔いし自分を制御できず同僚の異性とチュッとしてしまい、その後記憶がないという場合はかろうじてセーフ?かもしれませんがそのような展開は滅多にないので言い訳としても通用しない可能性が高いです。まぁつまりアウトってことですね。

一線を越える


これは酔ってる酔ってないに関わらず不貞行為なのでアウトです。擁護する言葉も見つかりません。魔がさすと言っても限度があります。一線越えても笑って許してくれるパートナーがいるとしたらあなたに関心がないとまで思えます。

心を奪われたら…

上記の浮気の境界線全てを越えても、心さえ自分にあればいいという人間愛のような大らかな心の方も一部います。しかし本当に好きなら他の異性と浮気はしないと思うのですが、価値観は人それぞれなので決めつけた事は言えませんね。心を奪われた奪われないは、本人の心を覗かない限り判断しにくいので繕った嘘で誤魔化す事もできそうです・・信頼関係があれば肉体だけ他で発散していても魂で繋がるという深い愛もあるのかもしれません。

スポンサードリンク

◆ まとめ

以上のことから浮気の境界線はその人の主観が大きく左右するのでどれが浮気という事は言えませんが、上記の境界線が今後の恋愛に役立てて頂ければ幸いです。できることなら同じ価値観の恋人と付き合い、そして一途に愛し合うことをお勧めします。

スポンサードリンク